代表的な腰痛の症状と治療法

腰痛の症状に合わせて適切な治療法を見つけましょう

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、腰・お尻から坐骨神経の走行に沿って太ももの後ろ~ふくらはぎと足に、痛みとしびれが起こっている状態をいいます。神経を圧迫している原因を取り除くことが出来れば、症状は軽くなります。 坐骨神経が圧迫をうけている場合には、以下のような症状が見られます。

  • 長時間座る、おなじ姿勢をとり続けると⇒お尻・ふともも裏~足の痛み・しびれが悪化する。
  • いすから立ち上がるときに腰に手を当てながらゆっくりと立ち上がらなければならない。
  • 立っているときに、体が左右どちらかに傾いており、まっすぐにすると足に痛みが走る。
  • 足の力がだんだんと入りにくくなり、つまずくことがある。⇒(長期的に神経が圧迫を受けていると、その神経が支配している筋肉がだんだん萎縮して筋肉自体が小さくなってしまいます。)
  • 体を丸めたときに腰から足にかけて痛みとしびれがでる
  • 咳・くしゃみ・力み動作をすると腰(あるいは足)に痛みが走る
  • 股関節と膝を曲げて体を丸める格好をする⇒お尻・ふともも裏~足の痛み・しびれが楽になる。・・など。

特に坐骨神経だけが圧迫を受けた場合

大腿~下腿には他にもたくさんの神経の枝が分布していますが、特に坐骨神経だけが圧迫を受けた場合には、

  • お尻、ふとももの裏面~すね・ふくらはぎなどに痛み・しびれが出る、
  • お尻、ふとももの裏面~すね・ふくらはぎなど感覚が麻痺する(感覚が鈍くなる)、
  • 神経圧迫によって筋力がうまく入らなくなる筋力低下という状態になる(つま先立ち、膝曲げなどがしにくくなる)

ということが起こります。

坐骨神経痛の治療

神経を圧迫している原因を取り除くことが出来れば、症状は軽くなります。基本的には保存療法が選択されます。日常生活の指導によって、腰に負担のかからない状態・姿勢をつくるよう心がけたり、痛みが強い場合には鎮痛薬として消炎鎮痛剤や座薬、神経根ブロックなどが選択されることもあります。また、温熱療法や腰の牽引なども行われます。

お尻~足の痛み・痺れや筋力低下が日常に大きく影響するような場合には手術が選択されます。背骨部分にある圧迫の原因を取り除くため、脊柱管後方拡大術やヘルニア部分の除去などが行われます。

ぎっくり腰

別名「魔女の一撃」といわれるほど、大きな衝撃を腰に感じるといわれています。無理な体勢から急な動作をしたときに起こりやすいです。ぎっくり腰を起こらないようにするための対策や起こってしまったときの対策や治療についてご紹介します。

起こらないようにするためには・・・

足場が安定した場所で行動する

足が不安定なところにあると、左右の踏ん張りが利かなくなります。それによって、腰への負担が大きくなるのを防ぐことが大切です。

荷物はへそにできるだけ近いところで持ち、腕だけではなく体全体で持ち上げる

体から遠いところでものをもつと、重さが腰に大きくかかります。へそに近づけることで力を最小限にすることができます。

長時間の中腰からの急な起き上がりは危険

縮んでいた筋肉を予想外の速さで動かしたときに、筋肉がびっくりして緊張を強めてしまうので、中腰など不安な体勢からの起き上がりは、ゆっくり行ってください。

起こってしまったら・・・

急性の損傷→まずは安静&痛みを抑えるために患部を冷やす

動けないときは、とにかく横になれるところまでゆっくりと移動します。体を丸めているのが楽であれば、その状態で休んでください。急性の炎症はおよそ3日間で治まるといわれています。傷ついた筋肉を一時的に冷やしてあげると、痛みが治まります(鎮痛効果)。また、伸びない筋肉を無理に伸ばそうとすると傷が悪化することもあるので、発症直後は少し時間を割いて体を休めることが必要です。

病院の治療は保存療法

ぎっくり腰のような急性腰痛では炎症が治まるまでの保存療法が第一に選択されます。鎮痛と安静を処方され落ち着くまで経過観察、がほとんどです。その後の予防や対策については、普段から腰痛をかかえているかどうかや、腰へのストレスが大きい仕事or行動をしていないかなどが関係してきます。

腰痛を抱えている場合は、問題がない人よりも少ないストレスでも腰痛になるリスクを背負っているので、それを解消しておくことをお勧めします。また、発症後に腰に緊張を残したまま生活を続けると疲労が蓄積し腰痛のリスクが高まりやすいので、早いうちに腰を一度チェックして、大きな問題を未然に防ぐ対策をすることが大切です。